一般社団法人 日本農業機械工業会

 お知らせ






国民生活センター及び製品評価技術基盤機構から、除雪機の事故防止についての注意喚起が行われています。

■(独)国民生活センター (2012年12月20日付)
  「歩行型ロータリ除雪機の使い方に注意
■(独)製品評価技術基盤機構  (2013年1月24日付)
  「はしご・脚立及び除雪機の事故の防止について(注意喚起)








  


除雪シーズンに向け、事故の未然防止を図る上で、除雪機を使用される方に最低限守っていだだきたい重点事項をまとめた、安全啓発チラシ「除雪機による事故を防ごう!」を作成、販売店等に配布(平成27年:6万枚)して安全啓発活動を展開しています。
さらに、安全使用啓発のための積雪地域の24道府県の防災窓口や市町村に対し、安全で円滑な除雪作業を行っていただくため、広報紙への啓発記事掲載を依頼しました。(平成27年11月)












除雪シーズンに向け、事故の未然防止を図る上で、除雪機を使用される方に最低限守っていだだきたい重点事項をまとめた、安全啓発チラシ「除雪機による事故を防ごう!」を作成、販売店等に配布(平成24年:5万枚、平成25年:6万枚)して安全啓発活動を展開しています。
さらに、安全使用啓発のための積雪地域の24道府県の防災窓口や市町村に対し、安全で円滑な除雪作業を行っていただくため、広報紙への啓発記事掲載を依頼しました。(平成24年11月、平成25年11月、平成26年11月)






また、安全装置を故意に働かないようにして使用したり、故障を放置したままで使用したりしたことによる事故事例があることから、積雪地域の24道府県の防災窓口、消費者行政窓口及び報道機関等に対し、安全啓発ビラを配布し、事故の未然防止のため、安全作業を呼びかけました。(平成25年2月)










平成22・23年度の除雪シーズンに向け、事故の未然防止を図る上で、除雪機を使用される方に最低限守っていだだきたい重点事項をまとめた、安全啓発チラシ「除雪機による事故を防ごう!」を作成、販売店等に10万枚を配布して安全啓発活動を展開しました。










平成19年度の除雪シーズンに向け、安全使用啓発のため積雪地域の小・中学校及び市町村に、安全啓発ポスター9,000部を配布しました。(平成19年11月発送)





除雪機安全協議会では、、除雪機の更なる安全を考慮して、平成16年4月より製造業者から出荷される歩行型ロータリ除雪機に、デッドマンクラッチの装着を義務化しています。